古物市場が流行る方が今の日本にはぴったり。

目的が明確であるとエネルギーの分散がなく、より早く強く目的に達することができます。
最近思うことは、今のアジアの急成長や高度成長期の日本は、目標が明確であったから、
発展が凄まじい勢いで起こったのだと思うのです。
その背景として成長が物質的に目に見えたことも大きいかもしれません。
今の日本の不景気や止まったGDPなど、物が溢れた物質至上主義の結果としていい例ですが、
もはや、何を成長させる必要があるかわかりません。
「ほしいものが、ほしいわ」という名コピーがありましたが、
もっと遡って「ほしがりません」や古物市場が流行る方が今の日本にはぴったりなような気もします。
物質でない目標。それが急務だと私は思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です