交通事故専門弁護士が、原子力にもいれば。

日本の原子力施設もんじゅの問題をめぐって、日本国外も少しさざ波が立っています。
というのも、もんじゅはプルサーマルという、一度使った原子力燃料を、
再加工しまた使えるようにする施設なのですが、
その稼働が止まることによって核の燃料が貯まっていくという現象が起きているのです。
それの何が問題か。
日本国内からみたら、しょうがないように見えますが、
海外からは核燃料を保有し原子力爆弾を製造可能であるように映っているのです。
証拠に協力国と言われるアメリカでさえ、この問題に対し日本を注視しています。
車の事であれば交通事故専門の弁護士がいて、なんとかしてくれますが、
原子力の事故となるともうそういったレベルじゃないですからね、大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です