リオ五輪のアジア予選と電力自由化

昨年夏ごろから、今年のリオ五輪のアジア予選が次々と開幕されていますね。
ジャパンチームにはいろいろな呼称がありますが、
なでしこ、サムライは有名として、「おりひめジャパン」ってご存知ですか?ハンドボールです。
私はハンドボールは昔から観戦をしてきているのでアジア予選ももちろん行きました。
最近気になるのはこのおりひめジャパンと電力の自由化でしょうか。
どこがお得かという論争はまだまだ続くと思いますので定期的に取り上げたいと思っています。

ダイビングは埼玉でライセンスが取れるから

ここのところ太陽光発電のニュースが良く耳に入ってきます。
アジアもエネルギーうんぬんよりも公害の方が心配ですよね。
アジア全体の課題のような気もします。
クリーンなエネルギーを安く、幅広く利用したいものです。
さて、本日は私の趣味の話を少し。
今年こそダイビングを始めたいと思っているのですが、
ダイビングは埼玉でライセンスが取れると知って、ちょっとやる気になってきました。
通いやすいのが一番ですから。

整形・豊胸・女性の「美」に対するエネルギー。

某国の女性が簡単に「整形したい」なんていうものでちょっと気になりました。
アジアの女性の「美」に対するエネルギー(関心というべきか)はどうなっているのか。
中国:二重まぶたや鼻を高くするプチ整形手術から大がかりなものは豊胸も盛ん。
韓国:外見重視の文化の為かかなり大がかりな整形が行われている。
タイ:性転換をしている人が非常に多い国。海外客も多くアンチエイジングを受ける人が多い
日本:二重まぶたなどのプチ整形が一般的。整形したことがばれることが恥ずかしいと思っている。
アニメ的というか目がパッチリしている事が良いと思われがちなのですが、
海外(おもに西洋?)に行くとアジアンビューティーとして切れ長の目の女性が好まれるのが
皮肉ですよね。

シンガポール在住の医薬翻訳家の話

アジアのエネルギー市場については方々に散らばっている友人たちに
協力してもらって情報を集めて記事にしています。
たまに取材に行くこともありますが、ほとんどはスカイプやメールで話を聞いているんです。
先日もシンガポール在住の医薬翻訳家のF君と
2時間近くスカイプで資料をみながら話を聞いたところです。
シンガポールはアジアのエネルギー市場の中心的ポジションのため、
今後も取材を続けていくつもりです。

自動販売機設置後の費用って基本は電気料金の負担だけで良いみたい。

親戚が自分の土地に自動販売機を置く事にしたというのですが、
自動販売機設置の費用面、特に電気料金の辺りが気になる所。
何せ24時間稼働している訳ですから、結構な費用が発生するのでは、と思ってしまいます。
ちょっと調べてみたのですが、一カ月平均の電気料金が1800円程度になるようです。
思ったよりも安いかも?でも、自販機の電気使用量って全国単位だと月90億円程になるのだとか。
あれだけ色々な所に設置されていたら当然とはいえ、凄い数字です。

腎不全治療をしたことがありますが…。

ブラックジャックの話で辺境の地で手術をすることになり、
手術するのに電気が必要でどうにかした、ような話があったと思うのですが、
確かそれは夜でライトが必要で雷だかなんかでとったような気がします。
手術と聞くとアナログな感じがしますが、
今の技術ではエネルギーを多く使う機器を多く使って手術を行うのですよね。
より細かい作業が必要な場合は、鉗子をロボットアームで操作する
なんてこともあるそうですから驚きです。
腎不全治療をしたことがありますが、ロボットアームは見ませんでしたので、
そこまで難しくないのでしょうか(笑)
周りにエネルギーを使わないものを探す方が難しそうですね。

冊子の特集記事は、さっそく千葉のリフォーム業者さんにも見せてあげました

最近地上波が面白くないので、光テレビに加入したのです。
さっそく光のテレビガイドが送られてきたのですが、
冊子の後ろにソーラーパネルの特集広告?が入っていてすっかり読みこんでしまいました。
実は先日千葉のリフォーム業者さんとソーラーパネルについて話していたばかり。
一時期は下火になったけど、最近また見直されているみたいだし、
テレビガイドの巻末に特集が入る位だから、一般家庭にも普及し始めているのでしょうか。

古物市場が流行る方が今の日本にはぴったり。

目的が明確であるとエネルギーの分散がなく、より早く強く目的に達することができます。
最近思うことは、今のアジアの急成長や高度成長期の日本は、目標が明確であったから、
発展が凄まじい勢いで起こったのだと思うのです。
その背景として成長が物質的に目に見えたことも大きいかもしれません。
今の日本の不景気や止まったGDPなど、物が溢れた物質至上主義の結果としていい例ですが、
もはや、何を成長させる必要があるかわかりません。
「ほしいものが、ほしいわ」という名コピーがありましたが、
もっと遡って「ほしがりません」や古物市場が流行る方が今の日本にはぴったりなような気もします。
物質でない目標。それが急務だと私は思うのです。

交通事故専門弁護士が、原子力にもいれば。

日本の原子力施設もんじゅの問題をめぐって、日本国外も少しさざ波が立っています。
というのも、もんじゅはプルサーマルという、一度使った原子力燃料を、
再加工しまた使えるようにする施設なのですが、
その稼働が止まることによって核の燃料が貯まっていくという現象が起きているのです。
それの何が問題か。
日本国内からみたら、しょうがないように見えますが、
海外からは核燃料を保有し原子力爆弾を製造可能であるように映っているのです。
証拠に協力国と言われるアメリカでさえ、この問題に対し日本を注視しています。
車の事であれば交通事故専門の弁護士がいて、なんとかしてくれますが、
原子力の事故となるともうそういったレベルじゃないですからね、大変です。

ソーラーパネルと漏水って素人考えではなかなか結びつかない不具合です。

一時期自宅に太陽光発電の設置を考えていたのですが、
どうも調べてみるとソーラーパネル、漏水するらしいですね。
調べてみると施工業者の知識不足の他にも
そもそも日本の屋根材とピッチが合わないといった問題もあるよう。
だから一から家を建てるという計画段階でソーラーパネルを考えるのはまだ良いが、
すでに完成している家への後付けだと難しい場合が多いのだとか。
今後日本に太陽光発電が普及するかどうかはこの辺りに掛かっているのかも。

武蔵小杉で賃貸と武蔵小杉の620倍と。

中国のスモッグが問題になっています。
黄砂やPM2.5が日本に飛来し健康被害が問題視されていて、
現在がさらに PM1.0というさらに強力と思われる粒子状物質がニュースになっています。
中国には13.5億人も人口がいると言われ、
それだけいればそれは大気も汚染されるだろうとなりますよね。
ちなみに先日、武蔵小杉で賃貸をさがしたんですが、武蔵小杉の人口の約620倍です。
武蔵小杉が620個あればこれだけの被害になるのです。
まぁ、わかりにくくなりましたが(笑)
とにかく人のエネルギーは地球も人も危険にさらすことがあるということです。